院長紹介

ご挨拶

こんにちは。たいらクリニック院長の平昇です。

「がんとおしり」が私の仕事です。
名古屋大学を卒業し、5年間の基礎研修を終えた後、東京の国立がんセンターで「がんの診断と治療」を学びました。そこは命の最前線でした。

そして40代に命とは遠いが心に近い「おしりの病気」について、名古屋市桜山の肛門科野垣病院で10年研鑚を重ねました。

これまでの経験を皆様にお役立ていただきたいと考え、平成15年12月「たいらクリニック」を開業致しました。

以来10年間で肛門手術4,181例、大腸内視鏡4,314例、胃カメラ1,797例、総計10,292例を無事重ねることができ、皆様に感謝いたしております。また、平成18年9月以来、当院は日本大腸肛門病学会の認定施設として認められております。

ここで当院の特徴である『日帰り手術(デイサージュリー)』についてお話します。

1.日帰り手術に適した手術とは何か?
私はこの答えを求めてまずは古典に学び、シートン法・分離結紮法について増田芳夫先生に師事し、習熟に努める一方、最新のデバイス(機器)を探して低温電気メス(リガシュアー)や超音波メスを導入し、安全で疼痛の少ない方法を求めて現在に至っております。
2.病気の治療の主役は患者さんである
ご自分の病態がどのようなものかを理解しやすくするために、現在の状態の写真と、内視鏡や超音波検査の映像記録を電子カルテに収めております。手術の状況も術後の変化も、映像化してプリントし、ご自身で治療を実践していただいております。
痔核は6週間、痔瘻は6~8週間で治癒します。その日のプリントには、“ご卒業です。快!”の文字が添えられております。その日を楽しみに、治療に励んでいただければと思います。

最後に、より患者さんの心に寄り添った治療をするクリニックとなるよう、今後ともスタッフ一同日々精進を重ねてまいる所存です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

略歴

昭和53年 名古屋大学医学部 卒業
名古屋大学医学部 博士号取得
昭和53年4月~昭和58年5月 中部労災病院 研修・外科
昭和58年6月~昭和61年5月 国立がんセンター 外科レジデント(東京)
昭和61年9月~昭和62年8月
昭和63年4月~平成1年6月
名古屋大学第一外科 第二外科 助手
平成1年7月~平成3年9月 名古屋第二赤十字病院 外科副部長
平成3年10月~平成6年12月 小牧市民病院 外科部長
平成6年1月~平成15年10月 野垣病院 副院長 (名古屋市桜山)
平成15年12月 たいらクリニック開設

所属学会

  • ・日本大腸肛門病学会 認定医・専門医・指導医・評議員
  • ・日本消化器外科学会 認定医・専門医・指導医
  • ・日本外科学会 認定医・専門医

その他の所属学会

  • ・日本消化器内視鏡学会

研究会

  • ・内痔核治療法研究会
  • ・臨床肛門病研究会
  • ・日本短期滞在外科手術研究会

PAGE TOP

お問い合わせ

症状から見る疾患

よくあるご質問

たいらクリニック

【所在地】
〒492-8214
愛知県稲沢市大塚南4-30
【休診日】
木曜日・日曜日・祝日

スタッフブログ

迷ったときの医者選び(東海)