症状からみる疾患

どのような疾患であっても、早い段階で治療することで完治する可能性が高く、治りもはやくなるため、医療費も安く済みます。身体に違和感や不調を感じた場合、その症状からどのような疾患が考えられるかを予測し、早期治療につなげていくことが大切です。

痛み

痔核(いぼじ)
出血のみで痛みはありません。しかし、症状が進むと強い痛みを伴います。
裂痔(きれじ)
通常は排便時や排便後に痛みを感じ、その痛みはしばらく続きます。
痔瘻(じろう)
症状が進むと肛門周囲が赤く腫れ激痛が続き、発熱を伴います。

出血

排便時の出血
痔核(いぼじ)、裂痔(きれじ)の可能性があります。
※粘液のまじった出血や黒い血が混じっている場合は潰瘍が原因の場合もあるのでお早めの受診をお勧めします。

化膿

膿が出て押した時に痛みがある場合は痔瘻(じろう)の可能性が高いです。

腫れ

内痔核(いぼじ)
排便をする時に腫れたいぼが出たり入ったりします。
外痔核(いぼじ)
排便とは関係なく出っ張りができます。

異常なかゆみ

肛門掻痒(そうよう)症
さまざまな原因でかゆみが発症した場合の症状をいいます。
痔そのものではなく周辺の皮膚がかゆい場合がほとんどです。

粘液

肛門括約筋不全
粘液・便がもれ下着が汚れたりします。

しこり

外痔核(いぼじ)
急にアズキ大からビー玉大のしこりが肛門の縁にでき痛みが伴います。
痔瘻(じろう)
しこりができ、さらに押すと膿みが出て痛みを感じます。

PAGE TOP

お問い合わせ

症状から見る疾患

よくあるご質問

たいらクリニック

【所在地】
〒492-8214
愛知県稲沢市大塚南4-30
【休診日】
木曜日・日曜日・祝日

スタッフブログ

迷ったときの医者選び(東海)